野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

難病と闘うオリ西浦が右大腿骨の移植手術 3か月の入院後、リハビリへ

オリックスは3日、西浦颯大外野手が京都市内の病院で、右大腿骨頭掻爬(そうは)骨移植術を行ったと発表した。今後は約3か月の入院後、患部の経過を確認しながらリハビリを行い、競技復帰を目指していく。

オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】
オリックス・西浦颯大【写真:荒川祐史】

昨年国の指定難病「両側特発性大腿骨頭壊死症」であることが判明

 オリックスは3日、西浦颯大外野手が京都市内の病院で、右大腿骨頭掻爬(そうは)骨移植術を行ったと発表した。今後は約3か月の入院後、患部の経過を確認しながらリハビリを行い、競技復帰を目指していく。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西浦は明徳義塾高から2017年ドラフト6位でオリックスに入団。2年目の19年には77試合に出場した。49試合に出場した昨季終盤に痛みを訴え、検査したところ国の指定難病である「両側特発性大腿骨頭壊死症」であることが判明。昨年12月に育成選手としてオリックスと再契約を結び、同21日に「左大腿骨頭掻爬骨移植術」を受けていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」