野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2軍で打率.344も「反省しかなかった」 ロッテ高部瑛斗に宿るあくなき向上心

ロッテ2年目の高部瑛斗外野手はキャンプ3日目を終え、「とても充実した日々を送れています」と満足げだった。1年目の昨季はファームで打率.344も「反省しかなかった」と振り返る23歳は、走攻守すべてレベルアップを目指し沖縄・石垣島キャンプに臨んでいる。

ロッテ・高部瑛斗【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・高部瑛斗【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ファームで優秀選手も「いいシーズンだったとは思えない」

 ロッテ2年目の高部瑛斗外野手はキャンプ3日目を終え、「とても充実した日々を送れています」と満足げだった。1年目の昨季はファームで打率.344も「反省しかなかった」と振り返る23歳は、走攻守すべてレベルアップを目指し沖縄・石垣島キャンプに臨んでいる。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 国士舘大では通算129安打を放ち、東都2部の歴代最多安打記録を更新したヒットマン。昨季ファームでは67試合に出場し、イースタン・リーグ2位の打率.344、同5位の66安打を放ち、リーグの優秀選手賞・新人賞・努力賞を受賞した。

 それでも、昨シーズンを振り返った高部は反省しきりだった。

「(手応えは)全くないです。僕の中ではできたシーズンだったなとは思いませんし、今思い出すのも悔しいことばかり。打てないとかもそうですけど、技術的な部分が欠けている。まだまだ足りないと思うことが多かった。三振数が多いし、走塁ミス、守備のエラー。当たり前にやらなきゃいけないことができなかったというのが強く印象に残っています。いいシーズンだったとは思えません」

 開幕は2軍スタートだったが、安打を積み重ねてきた。9月には28安打を放ち、月間打率.431の大活躍。ファームの月間MVPにも輝いた。

 2軍でアピールを続ける中、1軍初出場は突然訪れた。チーム内に新型コロナウイルスが発生したことにより「感染拡大防止特例2020」が適用され、出場選手登録を抹消された選手たちの“代替指名選手”として10月6日のオリックス戦(ZOZOマリン)で1軍初昇格を果たした。昇格を聞いたのは試合直前のことだった。

 高部は「1番・左翼」でスタメン出場。「やってやろうという気持ちがありました。緊張よりも、気持ちの整理をするのに精一杯でした」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」