野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・和田毅のような投手に… ロッテドラ1左腕・鈴木昭汰が掲げるプロでの目標

ロッテのドラフト1位左腕、鈴木昭汰投手は沖縄・石垣島での春季キャンプ第1クールを終え「慣れない環境というのもありますし、ちょっと疲れはありますけど、本当に充実しています」と満足げに4日間を振り返った。

ロッテ・鈴木昭汰【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・鈴木昭汰【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

キャンプ第1クールを終え「本当に充実しています」

 ロッテのドラフト1位左腕、鈴木昭汰投手は沖縄・石垣島での春季キャンプ第1クールを終え「慣れない環境というのもありますし、ちょっと疲れはありますけど、本当に充実しています」と満足げに4日間を振り返った。

 法大からドラフト1位指名を受け入団し、初めて迎えたプロのキャンプ。「何気ない時であっても野球をしっかり意識できるように。自分に妥協しないように“自分に打ち克つ”というのは常に思っています」と自覚を胸に第一歩を踏み出した。

 初日から佐々木朗希投手や古谷拓郎投手らと並んでブルペン入りし、プロのスタートを切った。受けてもらう捕手の技術からもレベルの高さを感じ取った。

「ここでしっかりやっていかないと、という思いが強くなりましたし、レベルアップしないといけないなと思いました」

 現在の課題は勝負所での制球力。意識したのは大学4年の時だった。「四球の出し方は悪くなかったんですけど、3ボール2ストライクからのウイニングショットがちょっと甘いと思うことがあったので、そこは改善していきたいと思っています」とプロで勝負するため、ここぞの場面で“決めきる力”をつけたいと話す。

 3日にはブルペンで田村龍弘捕手ともコミュニケーションをとった。「(田村に)球の強さは評価していただきました。制球力が課題ということは伝えて、一緒にやっていこうとおっしゃっていただきました」。

 ドラフト指名を受けてから新人合同自主トレが始まるまでは体力強化に取り組んできた。「学生と違ってプロは1年間戦い抜かないといけないので、そこを乗り越えるだけの体力をつけようと。新人合同自主トレやキャンプだけではその力はつかないと思うので下半身と体力強化はやってきました」と振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」