野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ユニホーム着る瞬間に語った“責任” 巨人桑田コーチ補佐の姿に「ジーンときた」

巨人の桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐が春季キャンプの第2クール初日の6日、背番号73のユニホーム姿を初めて披露した。球団公式インスタグラムでは、15年ぶりに袖を通す“瞬間”を動画で公開。しみじみと決意を口にする姿に、ファンから反響が寄せられている。

巨人・桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐【写真:Getty Images】
巨人・桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐【写真:Getty Images】

「気が引き締まるね、やっぱり」懐かしい姿にファン感慨深げ

 巨人の桑田真澄1軍投手チーフコーチ補佐が春季キャンプの第2クール初日の6日、背番号73のユニホーム姿を初めて披露した。球団公式インスタグラムでは、15年ぶりに袖を通す“瞬間”を動画で公開。しみじみと決意を口にする姿に、ファンから反響が寄せられている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 宿舎の自室でユニホームを手にした桑田コーチ補佐は「『ジャイアンツでプレーして良かったな』と思ってもらえるように育てていきたいなと思いますね」と重みを感じるように決意。身に纏って鏡で自らの姿を確認すると「気が引き締まるね、やっぱりね。ユニホームを着ると」と穏やかな笑みを見せた。

 ファンにとっても、懐かしく感慨深い瞬間。この貴重な動画には「感慨深い…Gファンとしても嬉しい瞬間」「なんかジーンときますね」「カッコ良すぎやろ」「ユニホームお似合いすぎる」などと喜びのコメントが並んでいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」