野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ復帰のロメロは活躍できるか? 過去の“出戻り助っ人”の成功例を振り返る

1月8日、オリックスがステフェン・ロメロ外野手の獲得を発表した。2017年から3シーズンにわたってオリックスでプレーしていたロメロにとって、今回の移籍は2年ぶりの古巣復帰となる。昨季は楽天で103試合に出場し、24本塁打、OPS.893と活躍した長距離砲の加入は、昨季の得点数がリーグ最下位だったオリックスにとって、この補強は大きい。

オリックスのステフェン・ロメロ【写真:荒川祐史】
オリックスのステフェン・ロメロ【写真:荒川祐史】

古巣に復帰して活躍を見せた助っ人は、過去にも多く存在している

 1月8日、オリックスがステフェン・ロメロ外野手の獲得を発表した。2017年から3シーズンにわたってオリックスでプレーしていたロメロにとって、今回の移籍は2年ぶりの古巣復帰となる。昨季は楽天で103試合に出場し、24本塁打、OPS.893と活躍した長距離砲の加入は、昨季の得点数がリーグ最下位だったオリックスにとって、この補強は大きい。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロメロのように、前回在籍時や他球団での活躍を評価され、一旦チームを離れた後に再び古巣のユニホームを着てプレーする外国籍選手は、過去にも存在した。チームのカルチャーをあらかじめ理解しているというだけでなく、練習拠点や本拠地への適応に関する心配も無用となる点は、選手本人だけでなく、球団や周囲にとってもアドバンテージとなる。

 今回は歴代のパ・リーグにおいて、過去に所属した球団に復帰し、その後に一定以上の活躍を見せた選手たちについて紹介する。

フリオ・フランコのNPB通算成績【画像:パ・リーグ インサイト】
フリオ・フランコのNPB通算成績【画像:パ・リーグ インサイト】

○フリオ・フランコ

 フランコは1度目の来日前年となる1994年に、ホワイトソックスで112試合に出場して打率.319を記録した一流のメジャーリーガーであった。1994年の8月からMLBで起こったストライキの影響もあり、1995年に海を渡ってロッテの一員に。MLBでの数字におごることなく、チームリーダーとしてチームをけん引。打率、出塁率ともに優秀な成績を残し、チームの2位躍進にも大きく貢献した。

 同年には一塁手としてベストナインとゴールデングラブ賞をともに受賞したが、1996年からは再びMLBへ。1998年に再来日してロッテに2度目の入団を果たし、前回と同様にチームリーダーとして奮闘。40歳という年齢を感じさせないプレーで中心打者として活躍し、今度は二塁手としてベストナインに輝いている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」