野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「マー君塾」志願者殺到も… 楽天・石井監督が警鐘「実践できなければ意味がない」

楽天の沖縄・金武キャンプは、6日から合流した田中将大投手のもとに“弟子入り志願者”が殺到している。田中将自身、「気軽に聞いて下さい」と呼びかけた通り、質問されるままに自分の経験や技術を後輩たちへ惜しみなく伝授している。しかし、ここにきて石井一久GM兼監督は一抹の不安もあるようで……。

今キャンプ2度目のブルペン入りした楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
今キャンプ2度目のブルペン入りした楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

石井監督自身は我が道タイプ「僕は人の話を右から左へ受け流した」

 楽天の沖縄・金武キャンプは、6日から合流した田中将大投手のもとに“弟子入り志願者”が殺到している。田中将自身、「気軽に聞いて下さい」と呼びかけた通り、質問されるままに自分の経験や技術を後輩たちへ惜しみなく伝授している。しかし、ここにきて石井一久GM兼監督は一抹の不安もあるようで……。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 これまでに3年目で20歳の引地をはじめ、則本昂、森原、酒居がサブグラウンドやブルペンで、田中将に直接教えを受けてきた。このうち森原は、9日のシート打撃に登板し、伝授されたばかりの“マー君流”スプリットを試投。下妻を空振り三振に仕留め、「落ち方が良かったと思う」と手応えがあった。「これまで僕のスプリットは、ボールの縫い目を外して握っていたのですが、田中さんは人差し指と親指を縫い目に掛けていた」と説明する。

 田中将がブルペンでピッチングをしている間は、熱心に観察。「どういう風に練習に取り組んでいるのかと、どういうボールを投げているのかの両方を見ていました。参考になりました」と言う。特に、田中将がブルペン捕手を打席に立たせ、内角高めのストレートを多く練習していたのが印象に残ったそうで、「打者が嫌がるコースですから、僕も取り入れたい」と目を輝かせた。

 ただ、昨季序盤に守護神を務めるなど実績のある森原のこの日の投球内容に、石井監督は納得がいかなかったようだ。「体の使い方や感覚的なことは、(コーチに言われるより)選手同士の会話の方が伝わりやすい」と基本的には田中将への弟子入りを奨励しているが、「今日のシート打撃では、あまり実行できていなかったのかなと思います」とチクリ。「人に聞くことも大事だが、それを自分でしっかり噛み砕いて、実践できるようにならなければ意味がない。あとは自分の頑張りだと思います」とあえて厳しい言葉を送る。

 石井監督はあえて「僕自身は現役時代、人の話を右から左へ受け流すタイプだった」と笑わせ、「他人は他人で、自分しか信じない人もいる。人から話を聞いて、頭でっかちになってしまう人もいる。プロとして生きていくにはどうしたらいいか、という観点で判断した方がいい」と語った。

 田中将に直接質問をぶつけることができるという、願ってもない環境が目の前にある。しかし、それを生かすも殺すも、受け取る側の自覚次第なのだと、指揮官は釘を刺しておきたいのだろう。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」