野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ高卒新人2人を“1日限定”でA組に呼んだのか? 鷹・工藤監督の3つの思惑

第3クール最終日となった11日のソフトバンクの宮崎キャンプ。そこで注目を集め、存在感を発揮したのは、この日1日限定でA組に参加したドラフト1位ルーキー井上朋也内野手と同3位の牧原巧汰捕手だった。

ソフトバンク・井上朋也(左)と牧原巧汰【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・井上朋也(左)と牧原巧汰【写真:福谷佑介】

「スイングも素晴らしかったので1度見てもらいたいという思いがあって呼びました」

 第3クール最終日となった11日のソフトバンクの宮崎キャンプ。そこで注目を集め、存在感を発揮したのは、この日1日限定でA組に参加したドラフト1位ルーキー井上朋也内野手と同3位の牧原巧汰捕手だった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ウォーミングアップから主力の集うA組で先輩たちとともに汗を流した井上と牧原巧。フリー打撃、そして実戦形式のシート打撃にも加わり、1軍でプレーする先輩投手のボールを直に体感した。牧原巧は昨季11試合に登板した杉山一樹投手から左前に安打を放ち、井上も思い切ったスイングを披露し、工藤公康監督ら首脳陣を唸らせた。

 全体練習終了後には先輩たちの前で1人1人、挨拶した2人。報道陣にも対応し、井上が「スピードもコントロールもキレも全然違って、これが1軍のピッチャーなんだなと感じました。この経験をB組にいっても、高い気持ちを持ってやっていきたいです」と語れば、牧原巧も「すごく楽しい時間を送れました。オーラがあってA組ってこういうところなんだと感じられました。世界が違う感じがしました」と初々しく振り返っていた。

 そもそも、この2人の“1日限定”のA組合流が実施され、その狙いはどこにあったのか。工藤公康監督がこの日の練習後に語っている。

 まずは2人のポテンシャルを首脳陣が感じ取ったところにある。工藤監督は「(小久保)ヘッド含めて見てみたいということで、スイングも素晴らしかったので1度見てもらいたいという思いがあって呼びました」と語る。B組での練習、シート打撃などの姿、能力を見て、1軍首脳陣の目でもチェックしてもらおうとした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」