野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日根尾、今季初対外試合で“猛打ショー”! 「立浪塾」効果発揮で漂う覚醒の予感

中日の根尾昂内野手が13日、Agreスタジアム北谷でのDeNAとの練習試合に「1番・遊撃」でスタメン。今季初の対外試合で、いきなり長短3安打をマークし、絶好のアピールを開始した。

「1番・遊撃」で先発出場した中日・根尾昂【写真:小西亮】
「1番・遊撃」で先発出場した中日・根尾昂【写真:小西亮】

「1番・遊撃」でスタメン、DeNAの上茶谷&浜口&砂田撃ち

 中日の根尾昂内野手が13日、Agreスタジアム北谷でのDeNAとの練習試合に「1番・遊撃」でスタメン。今季初の対外試合で、いきなり長短3安打をマークし、絶好のアピールを開始した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 先頭で迎えた第1打席でDeNAの先発・上茶谷から右前打を放つと、6回の第3打席では、浜口から左翼線への二塁打。先発ローテの一角として期待される両投手から快音を奏でた。さらに先頭で迎えた8回には、砂田から中前にポトリと落ちる当たりを放って“猛打ショー”と大暴れだった。

 3年目を迎えた今季。キャンプでは立浪和義臨時打撃コーチから連日手取り足取りの指導を受けてきた。その立浪氏は対外試合を前に「試合の中でどれだけタイミングをとれるかを見たい。タイミングがあえば自分のスイングはできるので」と期待していた。

「1打席目の初球から自分のスイングができるようにしたいです」と意気込んで臨んだ根尾。早速“立浪塾”の効果が出た形で、3年目の覚醒を予感させる最高の滑り出しとなった。

(小西亮 / Ryo Konishi)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」