野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

守護神復帰の楽天松井、ブルペンで“熱投”82球 「メヒア三振したよ、今の!」

今季から抑えに復帰する楽天・松井裕樹投手が13日、沖縄・金武キャンプでブルペン入りし82球を投げ込んだ。プロ1年目のオフから自主トレをともにしてきた“師匠”の田中将大投手がチームに復帰し、なおさら守護神復活に燃えている。

ブルペン入りし82球を投げ込んだ楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】
ブルペン入りし82球を投げ込んだ楽天・松井裕樹【写真:荒川祐史】

“師匠”田中将復帰でなおさら守護神復活に燃える

 今季から抑えに復帰する楽天・松井裕樹投手が13日、沖縄・金武キャンプでブルペン入りし82球を投げ込んだ。プロ1年目のオフから自主トレをともにしてきた“師匠”の田中将大投手がチームに復帰し、なおさら守護神復活に燃えている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 納得できるボールを追い求めるうちに、自然と球数が増えてしまったのだろうか。最初は首をかしげるシーンが多かったが、32球目から長坂ブルペン捕手を右打席に立たせると、内角いっぱいの速球などが、狙った所に決まり出した。「バッターが立った方がいいな、やっぱり!」と声を上げた。

 フォークボールも最初は、ホームベースより1.5メートルほど手前の水たまりを指さし、「その水たまり、危ないです」と自信なさげだったが、徐々に調子を上げ、「メヒアへ行きます!」と西武の大砲を想定。「今のは右中間スタンドへ行かれた、完全に」とうなだれる場面もあったが、79球目には「キタ~! メヒア三振した、今の!」と声を上げた。

 一昨年38セーブを挙げてタイトルを獲得。昨年は自身の希望で先発に転向したが結果を出せず、今季は石井一久GM兼監督と話し合って復帰が決まった。「田中さんが近くにいることで、学べる時間が増える」と目を輝かせて臨んでいるキャンプ。実際、サブグランドなどで田中将と談笑する姿が頻繁に見られる。単にかつてのポジションに戻るだけではない。今季ひと皮むけた雄姿が見られそうだ。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」