野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAドラ1入江、甲子園優勝で芽生えた反骨心「ジェラシー、悔しかったです」

DeNAのドラフト1位・入江大生投手(明大)が開幕ローテーション入りへアピールを続けている。新型コロナウイルスの影響を受けたプロ1年目は春季キャンプは無観客開催。歓声のない中での鍛錬の日々となっているが、これもブレークの力に変えるという。作新学院高のチームメートで甲子園優勝投手となった今井達也(西武)へのライバル心や投手再転向からドラフト1位に成長した明大時代、また一発ギャグ2000個のルーツについて大いに語った。【取材・構成/小谷真弥】

DeNA・入江大生【写真:小谷真弥】
DeNA・入江大生【写真:小谷真弥】

DeNAドラフト1位入江は明大で投手再転向、甲子園V投手・今井のタオルを部屋に飾った

 DeNAのドラフト1位・入江大生投手(明大)が開幕ローテーション入りへアピールを続けている。新型コロナウイルスの影響を受けたプロ1年目は春季キャンプは無観客開催。歓声のない中での鍛錬の日々となっているが、これもブレークの力に変えるという。作新学院高のチームメートで甲子園優勝投手となった今井達也(西武)へのライバル心や投手再転向からドラフト1位に成長した明大時代、また一発ギャグ2000個のルーツについて大いに語った。【取材・構成/小谷真弥】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ◇ ◇ ◇

 あいつには負けたくない――。入江がオンラインインタビュー中に強烈なライバル心を見せたのは、2016年夏の甲子園V投手となった元チームメートの話題になった時だった。

「もうジェラシーです。だいぶというか、めちゃくちゃ悔しかったですね。当時は(今井投手で勝ち上がる度に)『うおぉぉぉ~』とこみ上げてくるモノがありました」

 作新学院高では投手として2年夏に甲子園出場。3年春はエースナンバーを背負っていたのが、控え投手だった今井が急成長。3年夏の甲子園は背番号「3」の一塁手として出場した。史上7人目となる3試合連続本塁打を放って全国制覇に貢献。侍ジャパン高校代表にも選ばれたが、どこか投手への未練、悔しさが残ったという。明大では再び投手に転向した。

「小さい頃からの夢は甲子園に出場することでした。自分が投げないことでチームが勝てるなら、投手は辞めてもいいと思っていました。ただ、小さい頃に投手として野球を初めて、高校にも投手として入学。ここまで自分を育ててくださった指導者や周りの方のためにも、もう1度、投手として、いい報告がしたいと思ったんです」

 今井は高校球界のスターとしてドラフト1位で西武入り。ひと夏で野球人生を変えたシンデレラボーイとなった。入江は明大合宿所の自室に今井が甲子園で使ったタオルを貼り付けた。

「ちょっとモチベーションが落ちた時や、やる気が出ない時に、そのタオルを見て『頑張ろう』と思ってました。今井がプロで投げている姿を見て、いつか自分もプロの舞台に立ちたいと。大学の4年間ずっとタオルを部屋の壁に貼ってました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」