野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンクの紅白戦がまさかの打ち切り B組から参加の尾形が大乱調で投手足りず

ソフトバンクは宮崎キャンプ第5クール3日目の20日、キャンプで3回目となる紅白戦を行い、6回表で打ち切りとなった。

白組の4番手で登板した尾形崇斗【写真:福谷佑介】
白組の4番手で登板した尾形崇斗【写真:福谷佑介】

急遽、紅組で登板予定だった津森が白組5番手で投げたが、こちらも3安打2四球4失点

 ソフトバンクは宮崎キャンプ第5クール3日目の20日、キャンプで3回目となる紅白戦を行い、6回表で打ち切りとなった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日の紅白戦は6回裏まで行われる予定で実施された。だが、B組から参加し白組の4番手で登板した尾形崇斗投手が3安打1四球、2つの暴投に2つの牽制悪送球と大荒れの投球に。予定されていた2イニングを投げられず、1イニング3失点で降板することになった。
 
 そのため、当初は紅組の4番手で登板する予定だった津森宥紀投手が白組の5番手で登板。だが、津森も3安打2四球で4失点と乱調で球数が嵩んだ。登板予定の投手がいなくなったために、6回裏は行わずに打ち切りとなった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」