野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、8年ぶり登板で実感した国内マウンドの戸惑い 織り込み済みの計算とは

8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が、20日の日本ハムとの練習試合(沖縄・金武)に先発。2013年の日本シリーズ第7戦以来、2666日ぶりに国内で実戦マウンドを踏んだが、中田翔内野手に3ランを浴びるなど2回4安打2奪三振3失点だった。マー君は何に戸惑い、3月26日の公式戦開幕までの調整プランをどう描いているのだろうか。

日本ハムとの練習試合に登板した楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
日本ハムとの練習試合に登板した楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

「いろいろ感じることができた、収穫しかない」

 8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が、20日の日本ハムとの練習試合(沖縄・金武)に先発。2013年の日本シリーズ第7戦以来、2666日ぶりに国内で実戦マウンドを踏んだが、中田翔内野手に3ランを浴びるなど2回4安打2奪三振3失点だった。マー君は何に戸惑い、3月26日の公式戦開幕までの調整プランをどう描いているのだろうか。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「(課題は)制球ですね。まだまだ、まだまだ調整段階という感じです」。田中将は降板後、「まだ」を4回も繰り返したが、開幕は約5週間先だけに「こうして実戦のマウンドに上がらせてもらい、いろいろ感じることができたので、収穫しかないです」と言い切った。

 一方、「『やるからにはしっかり結果を残したい』と言っていたので、悔しかったのではないですか?」と田中将の心中を推察したのは小山伸一郎投手コーチ。現時点では結果を出すことよりも大事な確認作業があるとわかっていても、打者と相対すればやはり、絶対打たれたくないと思うのが勝負師の性というものなのだろう。

 小山コーチによると、田中将はマウンドの柔らかさに「踏み出した足にぐっと力を入れた瞬間に滑る」と苦労していた。「力を入れずにストライクを取りに行った時はそれほどでもないが、決めに行ったスプリットなどは、足元が滑る分、指にかかり過ぎてしまう」と漏らしていたという。

 一般に、カチカチに硬いメジャーのマウンドに比べ、日本のマウンドは柔らかく掘れやすいといわれてきた。しかし最近はメジャーに近づいているそうで、小山コーチは「地方球場にはこれくらい柔らかい球場もありますが、(各球団の本拠地は)今はどこもアメリカ式に硬い」と心配していない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」