野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ノムさん絶賛「日本一のスコアラー」 酒も愛した元燕左腕・安田猛さんの豪快人生

元ヤクルト投手の安田猛さんが、73歳で亡くなった。最後まで野球に情熱を傾け、酒を愛した、豪快で明るく優しい人柄だった。

元ヤクルト・安田猛さん【写真:荒川祐史】
元ヤクルト・安田猛さん【写真:荒川祐史】

「ペンギン投法」で新人王、81イニング連続無四球はいまもNPB記録

 元ヤクルト投手の安田猛さんが、73歳で亡くなった。最後まで野球に情熱を傾け、酒を愛した、豪快で明るく優しい人柄だった。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 福岡・小倉高、早大、大昭和製紙を経て、1971年のドラフト6位でヤクルト入り。1年目の72年にいきなり最優秀防御率と新人王を受賞。翌73年にも2年連続の最優秀防御率に輝いた。無類の制球力を誇り、同年に達成した81イニング連続無四球は現在もNPB記録である。78年には左のエースとして球団創設初優勝と日本一に貢献した。81年限りで現役を引退するまで、10年間で通算93勝86敗17セーブ、防御率3.26をマークした。

 身長173センチと小柄だったが、機敏な動きで、その独特な投球フォームは「ペンギン投法」と呼ばれた。いしいひさいち作の人気漫画「がんばれ!!タブチくん!!」の準主役「ヤスダ」のモデルとしても知られた。

「現役時代の最速は135キロくらい」と自ら語っていたが、それでも「俺は速球派だった」と胸を張っていた。緩急をつけて、遅いストレートを速く見せる技術に誇りを持っていた。また、スピードガン表示よりも、打者の手元まで勢いの落ちない球質を「角のはえたボール」と呼び高く評価していた。もちろん安田さん自身がその使い手だった。

 引退後はヤクルトでコーチ、スカウト、スコアラー、編成部長などを歴任。特にスコアラーとしては、野村克也さんには監督在任当時に「うちの安田は日本一のスコアラー」と讃えられた。ヤクルト退団後は、JR東日本の外部コーチを務め、現オリックスの田嶋大樹投手らを指導した。

 2017年1月に母校・小倉高のコーチに就任。同年の夏の大会後からは、監督に就任する予定だった。母校はいまや県内屈指の進学校となる一方、野球部は低迷気味だったが、「必ず甲子園に連れていく」と張り切っていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」