野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

初の対外試合で2回零封 鷹・工藤監督が評する2年目の育成左腕の魅力とは?

23日に宮崎市内のアイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」。ソフトバンク対西武の一戦で1人の育成選手が好投し、アピールに成功した。ソフトバンクの2番手としてマウンドに上がった大関友久投手だった。

ソフトバンク・大関友久【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・大関友久【写真:福谷佑介】

「支配下だの、育成だの関係ない。成績を残せば支配下の道もある」

 23日に宮崎市内のアイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」。ソフトバンク対西武の一戦で1人の育成選手が好投し、アピールに成功した。ソフトバンクの2番手としてマウンドに上がった大関友久投手だった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 キャンプインをB組で迎えた左腕はこの日からA組に昇格。今季初の対外試合となった西武戦に4回から登板すると、2回を無失点に封じた。1イニング目は簡単に3者凡退。2イニング目は源田に左前安打を許したものの、後続を封じて無失点に。2回を投げて1安打無失点に抑えてアピールに成功した。

 降板後に「自分の持ち味は出せたかなと思います。マウンドに行ったら考えすぎず、とにかく抑えること、自分のピッチングに集中することを心がけました」と語った大関。この投球に工藤公康監督は「今日のような気持ちを失わないで次に繋げていって。支配下だの、育成だの関係ない。成績を残せば支配下の道もあると思うので、そこを目指して頑張ってもらいたい」と高く評価した。

 2019年の育成ドラフト2巡目で仙台大からソフトバンクに入団した大関。最速150キロに迫る真っ直ぐに、スライダーやチェンジアップといった変化球を交えるのが投球スタイルだが、その魅力は一体どこにあるのか。

 西武戦後に工藤監督は、こう左腕の持ち味を評した。「今の段階で言えるのは思い切りの良さじゃないですかね。打たれたとしても思い切り投げていくことがいいと思う」と、その投げっぷりの良さに注目する。

 今季初の対外試合、しかも、大関が他球団の1軍クラスと対峙するのは初めてだった。指揮官は「こういう風にポッと上で投げろと言われて、全ての球種をコントロールするのは難しいと思うので、弱気にならないで、自分がやってきたことを出そうとすることが何より大事だと思います」と、堂々と2イニングを投げたその姿に目を細めた。

「マウンド上の姿はオドオドしている感じもないですし、自分の持っているものを出そうという感じで投げてきているので、それがすごく良いかなと思います」と語っていた工藤監督。2年目の育成左腕。今後のアピール次第では支配下登録どころか開幕1軍争いに割って入るかもしれない。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」