“投手”桑田真澄の強い球に巨人・丸が「差された」 ファン待望の打撃投手登板

巨人の1軍投手チーフコーチ補佐を務める桑田真澄氏【写真:Getty Images】
巨人の1軍投手チーフコーチ補佐を務める桑田真澄氏【写真:Getty Images】

かつてのレジェンド登板、丸も亀井も感激

 巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐が23日、沖縄キャンプの特打で打撃投手として登板。丸佳浩外野手を相手に打撃投手として往年の美しいフォームを披露した。球団公式YouTubeがその様子をたっぷりと公開。見応えのある練習映像となっている。

 カメラはセンターからと、捕手の裏から桑田コーチ補佐と丸を捉える臨場感があふれる。2人だけでなく、その様子を羨ましそうに見つめる亀井善行外野手の声も収録されている。桑田コーチ補佐の球は次第に強くなり、丸が振り遅れたり、ファウルする場面も。映像からもそのキレは見て取れる。

 打撃練習終了後、桑田コーチ補佐の球筋を問われた丸は「めっちゃ、球に力がある。結構差された。差されてファウルが結構あった」とかつてのエースに投げてもらえたことに感激した様子。桑田コーチ補佐も「やっぱり、楽しいですね。野球は。ストライク入るか心配でした」と振り返っていた。

【動画】力強い球を投げる桑田真澄コーチ補佐の実際の打撃投手映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY