ロッテに3安打敗戦も… レギュラー返り咲き狙う鷹・上林誠知がアピール「監督のおかげ」

ソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

「昨日監督に投げてもらって左のイメージができていた。監督のおかげで打てました」

 ソフトバンクは宮崎キャンプ第6クール2日目となった24日、ロッテと「球春みやざきベースボールゲームズ」を戦い、2対3で敗れた。ロッテ投手陣の前に打線がわずか3安打に抑えられた。

 低調な試合の中で気を吐いたのが、レギュラー返り咲きを目指す上林誠知外野手だった。この日は試合途中から出場すると、6回2死一、二塁で打席に立ち、左腕の松永昂大から一塁線を破る2点適時三塁打を放った。前日の西武戦でも安打を放っており、対外試合2試合連続で結果を残した。

「目立たないといけないんで。実戦が始まってずっとヒットが出ている。これを変えないように、ブレないようにしている」と試合後に語った上林。前日は試合後の特打で工藤公康監督が打撃投手を務めており「昨日監督に投げてもらって左のイメージができていた。監督のおかげで打てました」と笑った。

 この日は左投手からの安打で価値ある1本に。その要因を「下半身の使い方が上手くなってきている。外を回らずに、内からいけている体と思います。どうしても上半身を見がちですけど、下の動きが良くなると上も同じように動く」と分析している。

 ここ数年は故障もあって結果が残せていない上林。そのポテンシャルは高いだけに期待は大きい。再びレギュラーの座を掴むために、これからも結果を求めていく。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY