野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

助言惜しまない田中将大の姿に思い出す北京五輪…ダルビッシュが示した“手本”

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は、第2クール初日の6日から合流した沖縄・金武キャンプを22日に打ち上げた。今後は練習試合やオープン戦で実戦登坂を重ねながら、3月26日の公式戦開幕を目指すことになる。キャンプを取材していて印象的だったのは、自身の調整ぶりより後輩たちの投球に熱視線を送り、惜しげもなくアドバイスをする姿だった。

ブルペンで若手の投球を見守る楽天・田中将大【写真:宮脇広久】
ブルペンで若手の投球を見守る楽天・田中将大【写真:宮脇広久】

ブルペンで後輩の投球に熱視線、変化球の握りや登板前のメンタルなど助言

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は、第2クール初日の6日から合流した沖縄・金武キャンプを22日に打ち上げた。今後は練習試合やオープン戦で実戦登坂を重ねながら、3月26日の公式戦開幕を目指すことになる。キャンプを取材していて印象的だったのは、自身の調整ぶりより後輩たちの投球に熱視線を送り、惜しげもなくアドバイスをする姿だった。【宮脇 広久】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 合流初日にナイン全員を前に「7年間アメリカで色々経験してきたので、気軽に聞いて下さい」とあいさつしたとはいえ、まさか本当にここまで数多くの後輩たちに身振り手振りを交えながら熱心に助言する姿を見ることになるとは思わなかった。

 若手投手たちが証言しただけでも、その内容は変化球の握りから、キャンプの過ごし方、登板前のメンタルの持って行き方に至るまで多岐にわたっている。

「アドバイスを求められた時に、どういう風に投げているかわからないと答えようがないので」と、後輩のピッチングを実によく観察していた田中将。自分の投球練習後、あるいは自分にピッチングの予定がない日でさえブルペンに現れ、捕手の背後のベンチに座って球筋に目を光らせていた。投手コーチばりにマウンドの後ろに立ち、腕組みをしながら投球を見つめることもあった。

 そんな田中将の姿を見ていて、2008年の北京五輪での光景を思い出した。のちに楽天の監督に就任することになる故・星野仙一氏が率い、結果的に無念のメダルなしに終わった日本代表に、マー君はチーム最年少の19歳で名を連ねていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」