野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

エース候補と期待されて10年目 鷹・武田翔太が取り組む「生命線」カーブの“復活“

今季への期待を抱かせる投球内容だった。25日に行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」のロッテ戦で先発したソフトバンクの武田翔太投手。3回を投げて1安打無失点に封じる投球で、開幕ローテ入りに向けてアピールに成功した。

ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・武田翔太【写真:福谷佑介】

「カーブが1番大事かな、と。打者にケアをさせたい。カーブが自分の生命線」

 今季への期待を抱かせる投球内容だった。25日に行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」のロッテ戦で先発したソフトバンクの武田翔太投手。3回を投げて1安打無失点に封じる投球で、開幕ローテ入りに向けてアピールに成功した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日の武田は“代名詞“とも言えるカーブが冴えた。カウント球にも、追い込んでからの決め球としても使え、ロッテの打者を翻弄した。安打は初回1死から藤岡に浴びた中前安打の1本だけ。打者9人に抑え、球数はたった31球で3回を投げ終えた。

 未来のエースとして期待されながら、近年は不本意な成績に終わってきた武田。その復活が期待される中で鍵を握るのが、この日、数多く投じていた「カーブ」だ。

 武田の“代名詞“とも言えるカーブだが、ここ数年は武器になりきれていなかった。ボールを操り切れず、ストライクを取れない、打者に見切られることも多く、武田の投球スタイルの軸はスライダーとカットボールになっていた。

 ただ、やはり「武田=カーブ」なのだ。右腕自身も「カーブが1番大事かな、と。打者にケアをさせたい。カーブが自分の生命線」と再認識した。キャンプ中のブルペンでの投球練習でもカーブを重点的に練習。試行錯誤しながら、再び武器とするべく取り組んできた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」