野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「僕なんて牛丼で言えば味噌汁程度」と謙遜も… 見えてきた楽天“石井一久野球”

楽天は2月28日の中日との練習試合(沖縄・北谷)が5回途中降雨ノーゲームとなり、キャンプと練習試合で1か月間に及んだ沖縄滞在を終えた。3月1日に本拠地・仙台へ戻る。同26日の公式戦開幕へ向け、就任1年目の石井一久監督(GM兼任)の“一久野球”がベールを脱ぐ瞬間が近づいている。

楽天・石井一久監督【写真:荒川祐史】
楽天・石井一久監督【写真:荒川祐史】

沖縄での1か月に手応え「用意はある程度はできた」

 楽天は2月28日の中日との練習試合(沖縄・北谷)が5回途中降雨ノーゲームとなり、キャンプと練習試合で1か月間に及んだ沖縄滞在を終えた。3月1日に本拠地・仙台へ戻る。同26日の公式戦開幕へ向け、就任1年目の石井一久監督(GM兼任)の“一久野球”がベールを脱ぐ瞬間が近づいている。【宮脇広久】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新監督としてこの1か月間の手応えを聞かれた石井監督は、「僕なんて牛丼で言えば、お味噌汁が付いていないか付いているかくらいの違いしかない。だから問題ないと思います」と謙遜した。

 実際、2月13日のロッテとの練習試合で初采配を振るった時点では「選手たちはまだチームの作戦以前に、1軍のふるいにかけられている状態。まず自分をアピールしてくれれば」と語っていたが、試合を重ねるごとに作戦めいたものが顔をのぞかせてきた。

 25日のDeNAとの練習試合(宜野湾)では、3回無死一、三塁で打者・鈴木大のカウント2-1からの4球目に、一塁走者・小深田がスタート。鈴木大は高めのボール球をあえて空振りし、小深田の二盗成功をアシストした。4回無死二塁では、9番打者の下妻がきっちり送りバントを決めた。

 そして5回途中までプレーしたこの日は、2回1死から太田が死球で出塁。続く田中和の1-1からの3球目にエンドランを敢行するも、ファウルに。直後の4球目にも太田がスタートを切ったが、今度は田中和が内角のボール球を見送り、昨季セ・リーグトップの盗塁阻止率.455を誇った中日・木下拓の強肩に刺された。さらに四球を選んだ田中和も、続く辰己の0-1からの3球目に二盗を試みたが、続けて失敗に終わった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」