野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天石井監督、短期間で渡邊佑を支配下復帰した訳 「リクエストを含め苦労をかけた」

楽天は1日、育成選手の渡邊佑樹投手を支配下選手として契約に合意したことを発表した。石井一久GM兼監督は「今年は違う渡邊を見せていただいて、1軍で活躍してほしい」と期待を込めた。

支配下登録が発表された楽天・渡邊佑樹【写真:荒川祐史】
支配下登録が発表された楽天・渡邊佑樹【写真:荒川祐史】

渡邊佑は昨年11月の宮崎フェニックス・リーグでサイドスローに転向

 楽天は1日、育成選手の渡邊佑樹投手を支配下選手として契約に合意したことを発表した。石井一久GM兼監督は「今年は違う渡邊を見せていただいて、1軍で活躍してほしい」と期待を込めた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 石井監督は球団を通じ「育成になる時からコミュニケーションを取ってきてました。こちらからのリクエストというところも含めて苦労をかけましたので、それに応えるというか、それ以上のしっかり答えを持ってこのキャンプに臨んでくれてました」と、キャンプの姿勢を評価。

 渡邉佑は昨年11月の宮崎フェニックス・リーグでサイドスローに転向。その上で一度、戦力外通告を受け、育成選手として契約を結んでいた。春季キャンプ中にも指揮官は「彼の長所は、右打者に対してもしっかり投げられること。内角を突くことができて、外角へのチェンジアップもある。1軍へ這い上がろうという姿勢を見せてくれている」と語っていた。

 短期間でサイドスロー左腕として変貌を遂げた渡邊佑。田中将、涌井ら強力先発陣を助けるリリーフの一角として期待がかかる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」