野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「顎タッチは健在」 燕加入の内川、OP戦1号の直後に見せた“お約束”にファン歓喜

昨季限りでソフトバンクを退団し、ヤクルトに加入した内川聖一内野手が3日、巨人とのオープン戦に「5番・一塁」で出場。5回の第2打席で“移籍1号”を放った。ダイヤモンドを回った後、三塁ベンチでおなじみの“おなじみのアゴタッチ”を披露。ファンからは「嬉しすぎて泣いた」などの声が寄せられている。

ヤクルト・内川聖一【写真:荒川祐史】
ヤクルト・内川聖一【写真:荒川祐史】

巨人にFA移籍した井納から左翼席に運んだ

■巨人 – ヤクルト(オープン戦・3日・東京ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季限りでソフトバンクを退団し、ヤクルトに加入した内川聖一内野手が3日、巨人とのオープン戦に「5番・一塁」で出場。5回の第2打席で“移籍1号”を放った。ダイヤモンドを回った後、三塁ベンチでおなじみの“おなじみのアゴタッチ”を披露。ファンからは「嬉しすぎて泣いた」などの声が寄せられている。

 内川は先頭で打席に入った5回、DeNAからFA移籍した井納の139キロをとらえ、左翼席に運んだ。三塁ベンチ前ではソフトバンク時代におなじみだった“アゴタッチ”を披露。「DAZN」公式ツイッターは「内川聖一 移籍後初アーチ ベンチはお約束のアゴタッチでお出迎え」として、その模様を動画で紹介した。

 ファンも続々反応。「顎タッチは健在」「変な気持ちになるな」「うちさん!!カッコいいぞ」「井納対内川…紅白戦かな?」「一応アゴタッチに乗ってくれた後にしばく内川さん面白いな」「内さん!!相変わらず素敵です嬉しすぎて泣いた」「内川らしいさばき方。まだまだ健在だなぁ」「顎タッチがもう浸透してるの笑う」

 通算2171安打を誇る希代のヒットメーカー。38歳のベテランが新天地でどんな働きを見せてくれるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」