野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神藤浪、OP戦初登板で最速158キロ 日本一打線を相手に4回無失点の好投

阪神の藤浪晋太郎投手が5日、PayPayドームでのソフトバンク戦に3回から2番手としてオープン戦初登板。3回から2番手で登板すると、4回を投げて3安打無失点、2奪三振の好投を見せた。最速は158キロをマークした。

2番手で登板した阪神・藤浪晋太郎【写真:福谷佑介】
2番手で登板した阪神・藤浪晋太郎【写真:福谷佑介】

4回は連打で無死一、三塁のピンチも後続を打ち取り無失点

■ソフトバンク – 阪神(オープン戦・5日・PayPayドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神の藤浪晋太郎投手が5日、PayPayドームでのソフトバンク戦に3回から2番手としてオープン戦初登板。3回から2番手で登板すると、4回を投げて3安打無失点、2奪三振の好投を見せた。最速は158キロをマークした。

 先発した西勇輝投手のあとを受けて3回からマウンドに上がった藤浪。先頭の中村晃を156キロの直球で遊ゴロ、続く上林を149キロのフォークで空振り三振に打ち取り、簡単に2死とした。長谷川には中前打を浴びたが、栗原を一ゴロに抑えて無失点で切り抜けた。

 4回は三森、柳町に直球を連打され無死一、三塁のピンチを背負ったが、ここで変化球主体の投球に変更。甲斐をカットボールで三ゴロ、川瀬もカットボールで一直併殺に仕留めた。5回は周東を146キロのフォークで空振り三振、中村晃を154キロの直球で二ゴロ、上林を140キロのカットボールで三邪飛と3者凡退に抑えた。

 6回は1死から栗原にこの日初となる四球を与えると、続く三森にも四球を与えた。だが、続く柳町を二ゴロ併殺打に打ち取り、この回も無失点に。藤浪はこの回でマウンドを降り、4回を投げて3安打2四球無失点という内容だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」