楽天則本昂に見えた“田中将大効果” 高めの直球をテーマにした理由とは

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

小山投手コーチ「ポップフライになる確率が高い」

■ロッテ 8-4 楽天(オープン戦・10日・静岡)

 3年ぶりの2桁勝利を目指す楽天・則本昂大投手に、“マー君効果”が現れつつある。10日のロッテとのオープン戦(静岡)に先発。5回途中に打球を右膝付近に受けて緊急降板したが、幸い「今のところ大丈夫そう」と軽傷を強調した。4回までは1安打4奪三振無失点の快投を見せ、開幕へ向けて順調な調整ぶりをうかがわせた。

「球数を多くせずに投げられた(56球)ことと、真っすぐで三振が取れたのは良かった」と振り返ったが、この日のテーマの1つは“高めのストレート”だったようだ。小山伸一郎投手コーチは「そこが田中将大を含めて、いま練習している所」と明かした。

 実際、この日の則本昂は、何度も145キロ台後半から150キロの高めのストレートで相手打者にファウルを打たせ、カウントを整えた。2回無死一塁では中村奨に対し、カウント1-2からの6球目にインハイの142キロでのけ反らせ、7球目の真ん中高めの145キロで空振り三振を奪った。

 小山コーチは「則本ほどの球威があれば、低めを使うことも大事だが、打者が振るか振らないかくらいの高めを使うと、ポップフライになる確率が高い。今日はそれをうまく使えた」と分析し、「高めは(疲労などで球威が)落ちてきた時にはホームランボールになりやすいリスクもあるが、則本も試合で使ってみて納得したようだ」とうなずいた。

田中将に高めの“効用”を聞いた小山コーチが則本昂に勧める

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY