今年の球宴テーマは「ずっと、想いをひとつに。」 震災10年、第2戦は仙台開催

今年の球宴テーマは「ずっと、想いをひとつに。」
今年の球宴テーマは「ずっと、想いをひとつに。」

NPBが発表「東北に最高のスポーツエンターテイメントを」

 東日本大震災から10年を迎えた11日、日本野球機構(NPB)は今年の「マイナビオールスターゲーム2021」のテーマを発表した。7月17日の第2戦は楽天生命パーク宮城で開催され、さらに1951年の第1回球宴から70回の節目ということもあり「ずっと、想いをひとつに。」との言葉を掲げた。

 10年前の発災以来、チャリティマッチの開催や被災地への義援金、オールスターゲーム招待などで復興支援に携わってきたプロ野球界。2011年から3年間は宮城、岩手、福島でオールスターを開催した。ひとつの節目を迎え「東北の皆さまに最高のスポーツエンターテイメントを送るとともに、野球の力で日本各地に東北の“今”を発信していきます」と掲げている。第1戦は7月16日にメットライフドームで行われる。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY