鷹・小久保ヘッドの加入で戦力“底上げ” 上林、真砂らの活躍を元鷹コーチが分析

ソフトバンク・上林誠知(左)と真砂勇介【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知(左)と真砂勇介【写真:藤浦一都】

真砂の守備は「トップクラス、他球団ならレギュラー」

 3月26日に開幕するプロ野球。今季の興味の一つに、ソフトバンクが日本シリーズ5連覇を成し遂げられるかがあるだろう。オープン戦では、近年不振だった上林誠知外野手、期待されて9年目を迎えた真砂勇介外野手らがアピールを続けるなど戦力は充実一途。ヤクルト黄金期のリードオフマンとして活躍し、現役引退後はヤクルト、そして2019年まで5年間ソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は今季も“本命”に挙げている。

 5年連続日本一に挑むソフトバンク。オープン戦では上林、真砂ら中堅選手の活躍が目立つ。飯田氏はその要因を次のように指摘した。

「真砂は当たれば大きいですが、三振も多かった。タイミングの取り方に課題があったのですが、オープン戦を見る限りは改善されてきているように見える。上林は侍ジャパンにも選出された選手。自信を持って迷いなくやれば、あれくらいやって普通。小久保ヘッドの存在が非常に大きいと思いますね」。

 ホークスOBのレジェンド小久保裕紀氏が今季ヘッドコーチに就任。キャンプで野手に1日1000スイングを課したことが効果を発揮していると、飯田氏は指摘する。「やらされていたかもしれませんが、やったことが重要。上林選手はとても真面目で考え過ぎるところがあるのですが、『形よりも振れ』という小久保ヘッドの教えの効果が出ている。取り戻してきたのかなと思います」。

 真砂は右のパワーヒッター。左キラーとして活路を見出せる可能性があるという。「能力が高く、守備はめちゃめちゃうまい。トップレベルです。他球団なら普通にレギュラーを獲れる選手だと思います」。

鷹を脅かすのは楽天「石井監督は協調性がある」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY