「化け物」「凄すぎる」ロッテ佐々木朗希、軽々フォームで150キロ超の衝撃

ロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】
ロッテ・佐々木朗希【写真:宮脇広久】

ファンからは「まだ軽めに投げてる感じするのがヤバすぎる」との声も

■ロッテ 3-2 中日(オープン戦・12日・ZOZOマリン)

 12日にZOZOマリンスタジアムで行われた中日とのオープン戦で、プロ入り後初めて実戦登板を果たしたロッテの佐々木朗希投手。6回から2番手で登板すると、1イニングを投げてパーフェクト、最速153キロをマークする“満点デビュー”を飾った。

 先頭の京田を149キロの真っ直ぐで打ち取ると、続く阿部は150キロで遊ゴロに仕留めて2死とした。ここで迎えた主砲ビシエドには全球真っ直ぐ勝負。5球目にこの日最速の153キロを記録すると、最後は152キロで見逃し三振に仕留め、衝撃の初登板を締めくくった。

 この佐々木朗の投球をDAZN(ダゾーン)の公式ツイッターが動画で紹介。軽々と150キロを超える右腕に「まだ軽めに投げてる感じするのがヤバすぎる」「まだまだ思いっきり投げてなさそうな感じが怖い」「エグいな」「化け物」「凄すぎる」と驚くファンのコメントが並んでいた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY