阪神ドラ1佐藤輝が「もう怖い笑」「ギータやん」 またも逆方向弾で「本物確実」

阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】
阪神・佐藤輝明【写真:荒川祐史】

一度はファウル判定もリクエストの末に本塁打…決勝の先制ソロ

■阪神 1-0 巨人(オープン戦・14日・甲子園)

 阪神ドラフト1位ルーキー佐藤輝明内野手(近大)が14日、巨人戦(甲子園)でオープン戦4号となるソロを放った。決勝点となる先制アーチは、左翼ポール際への逆方向の当たり。甲子園球場の広さをものともしない規格外のパワーに、ファンからも「セ・リーグの柳田?」「流しての飛距離がおかしい」などと驚嘆の声が相次いでいる。

 両チーム無得点の4回2死。1ボール1ストライクから高橋の143キロ直球を左翼ポール際へ飛ばした。一度はファウルと判定されたが、阪神側がリクエストを要求。審判団のリプレー検証後に4号ソロとなった。2試合ぶりの一発で、オープン戦では12球団単独トップとなった。

 出れば打つ。「DAZN」の公式ツイッターが衝撃の一発を動画で公開すると、ファンも続々と反応。「ギータやん」「いよいよ本物確実だな」「逆方向に詰まってあの打球か」「バットで捉えた音すご」「もう怖い笑」「逆方向飛びすぎなんだよ」などとコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY