ダルビッシュ、“有原流”チェンジアップで3回3K無失点「自分にピッタリはまった」

会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだパドレス・ダルビッシュ有(画像はスクリーンショット)

レッズ戦で3回3奪三振無安打無失点「スプリットとかチェンジアップとか良かった」

■レッズ – パドレス(オープン戦・日本時間15日・グッドイヤー)

 パドレスのダルビッシュ有投手は14日(日本時間15日)、アリゾナ州グッドイヤーで行われたレッズ戦でオープン戦2度目の先発登板。3回3奪三振無四球、無安打無失点と好投した。順調な仕上がりを見せ、「ボールは多かったですけど、試したいこと。スプリットとかチェンジアップとか良かったので、割と満足しています」と振り返った。

 初回から2イニング連続で3者凡退。3回2死からハイネマンに死球を与えたものの、続くウインカーを中飛に打ち取った。7つの球種を投げて、毎回3奪三振とチャンスを作らせなかった。チェンジアップは前回登板後にレンジャーズ・有原航平投手の握りを試したものだ。「自分にピッタリはまった気がした。ブルペンで投げたら抜けていたんですけど、急に投げられるようになって、今日の試合で試した」と振り返った。

 オープン戦初登板だった7日のロイヤルズ戦では2回4奪三振無四球、1安打無失点。「出来上がっている感じはしますけどね。変化球もそうですし。全体的にはいいと思います」と語った。オープン戦は防御率0.00。開幕へ順調に調整を進めている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY