菊池雄星、2回ピンチから5者連続奪三振「納得したボールを投げられるように」

会見に臨んだマリナーズ・菊池雄星(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだマリナーズ・菊池雄星(画像はスクリーンショット)

ブルワーズ戦で4回途中6奪三振2安打1失点、OP戦防御率3.24

■マリナーズ 5-4 ブルワーズ(オープン戦・日本時間15日・ピオリア)

 マリナーズの菊池雄星投手は14日(日本時間15日)、アリゾナ州ピオリアで行われたブルワーズとのオープン戦で先発登板。3回1/3を投げ、6奪三振1四球、2安打1失点と好投した。オープン戦は防御率3.24。「いいボールもあったと思いますし、特にスライダー。追い込んでからのスライダーは効果的だったと思います」と満足げに振り返った。

 初回は3者凡退の立ち上がり。2回は先頭・ロバートソンから連打で無死一、二塁としたが、3者連続空振り三振でピンチを脱した。3回も3者凡退に抑え、3回2死までは5者連続Kを記録。4回先頭ショウに四球を与え、次打者ロバートソンを遊ゴロに打ち取ったところで降板となった。救援投手が打たれて失点こそ記録したものの、上々の投球となった。「残り2試合になると思います。ここから開幕に向けて納得したボールを投げられるようにいい調整をしたいと思います」と前を向いた。

 これがオープン戦3度目の登板。2日のインディアンス戦は2回3奪三振1四球1安打1失点。8日のインディアンス戦は3回2四球2安打1失点だった。オープン戦は3試合で計8回1/3、5安打3失点となった。「正直3試合の中では一番難しかった。3試合の中では軸になるボールが決まらないスタートではあったが、三振を多く取れましたし、何とか粘り強く。最後に四球を出してしまいましたけど、まとめられたのは悪い中で価値のあるものかなと思います」と振り返った。

【動画】威力のある速球や鋭いスライダーで三振を量産する菊池雄星

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY