元阪神ガルシア、中信兄弟との契約解除 肩と肘の故障で早期の回復難しく

昨季まで阪神でプレーしたオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】
昨季まで阪神でプレーしたオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】

昨オフに阪神から自由契約になり、今季から中信兄弟と契約したガルシア

 元阪神のオネルキ・ガルシア投手が、今季加入した台湾プロ野球(CPBL)の中信兄弟から契約を解除された。台湾メディア「ET Today」などによると、左肘と左肩に異常が見つかり、短期間での回復は難しいと判断されたという。

 2018年に中日に加入して13勝をマークしたガルシア。2019年には阪神に移籍し6勝8敗、昨季は14試合に登板して2勝6敗に終わった。オフには自由契約となり、中信兄弟と契約を結んだ。

 台湾に入国し自己隔離期間を終えた後にメディカルチェックを受けたところ、肩と肘に異常が見つかった。当初は短期間で回復できると見られていたが、回復が思わしくなく、契約を解除された。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY