大谷翔平、955日ぶり2打席連続アーチに手応え 「結果以上に立っている感じはいい」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

OP戦6試合連続安打、打率.563「振るか振らないかの判断もまずまずいい」

■エンゼルス – レッズ(オープン戦・日本時間16日・テンピ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、レッズ戦に「2番・DH」でスタメン。初回の第1打席でいきなり4試合ぶりとなるオープン戦2号ソロを放つと、3回の第2打席でも豪快3号を叩き込み、2打席連発をマークした。1試合2発は2019年6月30日(同7月1日)のアスレチックス戦以来、2打席連発は2018年8月3日(同4日)のインディアンス戦以来、実に955日ぶり。会見では「ストライク、ボールの判断はいいと思う。結果以上に(打席に)立っている感じはいいかなと思います」と語った。

 レッズの“二刀流男”マイケル・ローレンゼン投手と対峙した大谷。初回1死走者なしの場面で打席に入ると、フルカウントから外角高めの球を強振。打球は左翼方向に高々と上がり、スタンド中段に飛び込んだ。オープン戦6試合連続安打とすると、さらに3回1死走者なしで迎えた第2打席でも左中間方向にアーチを叩き込み、11日(同12日)のジャイアンツ戦から出場2試合連続での複数安打もマークした。5回の3打席目は空振り三振で、3打数2安打、2本塁打、2打点だった。

 オープン戦では3日(同4日)のレンジャーズ戦で1号を放っていた大谷。この日の固め打ちで、16打数9安打、5打点、3本塁打、打率.563に。「今のところはいいかなと思いますね。打ちにいっているボールはしっかりストライクのボールですし、ファウルになっているのもストライクのボール。見逃しているのがボールになるような球なので。振っている結果ももちろんいいんですけど、振るか振らないかの判断もまずまずいいんじゃないかと思います」と開幕に向け順調ぶりを語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY