鷹・杉山、“モイネロ代役”テスト一発合格 全球155キロ超えに工藤監督も絶賛

DeNA戦に登板したソフトバンク・杉山一樹【写真:藤浦一都】
DeNA戦に登板したソフトバンク・杉山一樹【写真:藤浦一都】

2番手の津森、3番手の岩嵜で6連続三振を奪い、3イニングで計8奪三振

■ソフトバンク 1-0 DeNA(オープン戦・16日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは16日、本拠地PayPayドームでDeNAとオープン戦を戦い、1-0で勝利した。栗原の犠飛で得た1点を、先発の笠谷から津森、岩嵜とつなぎ、8回はセットアッパーとしてテストされた杉山がパーフェクト投球。最後は守護神の森が締めくくり、“本番モード”として位置づけた残る5試合のオープン戦初戦を白星で飾った。

 モイネロの調整が遅れ、開幕不在の危機にある中で、代役セットアッパー候補が“一発回答”を見せた。8回にマウンドに上がった杉山。いきなり自己最速タイとなる157キロの真っ直ぐを投げ込むと、ストレートは全球155キロ超え。打者3人を右飛、空振り三振、空振り三振と完璧に封じ込める圧巻のピッチングを披露した。

 この投球には工藤公康監督も「上々じゃないですか。テストとしてはOK。あのボールを投げられたら一安心ですよ。そうそう前に飛ばない。(可能性は)十分に感じました」と満足げ。仮にモイネロが開幕に間に合わなくとも、杉山がその座を任されることになりそう。杉山自身も「課題とか抜きに全力でゼロに抑えることを意識しました」と振り返っていた。

 この日は杉山以外にも、2番手の津森、3番手の岩嵜の2人で6者連続三振を奪う圧巻投球。杉山も含めて3イニングで計8個の三振を奪った。モイネロは不在になるかもしれないが、そのリリーフ陣の分厚さはやはり随一。開幕を前にしてソフトバンクの救援陣が固まってきた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY