大谷翔平の先発投手復活へ揺るがぬ信念 マドン監督、救援起用は「考えたことない」

エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】
エンゼルス・大谷翔平【写真提供:Angels Baseball】

マリナーズ戦の1番スタメン起用は疲労も考慮

 エンゼルスのジョー・マドン監督は17日(日本時間18日)、報道陣のオンライン取材に応じ、大谷翔平投手の二刀流起用法について言及した。投手での不調時にブルペン待機させるかとの問いかけに「正直に言って考えたことがない。彼は両方を非常にうまくやっている。私の願っていることは、いかに(二刀流を)成功させるかということだ」と先発投手、主力打者としての活躍を期待した。

 二刀流・大谷をフル回転させるには休養もキーポイントとなる。「休養についてしっかりと配慮しなければならないと思っている。登板日以外に出来るだけ打席に立たせようとするのは非現実的なことになりえる。私たちは偏見なく透明性を持ってコミュニケーションをとっている。なんでも話してくれと言っている」と積極的にコミュニケーションを図っていると明かした。

 トラウトら主力選手がスタメンを外れた17日のマリナーズ戦で、大谷は「1番・指名打者」でスタメン出場する。試合序盤で打席に立たせて交代される考えもあったようで、「それが1つの見方だ。他にも私が見たいと思っている選手たちがいるからね」と説明した。

 先発投手、主力打者として何としても復活させる。「(ブルペン待機など)考える必要がないことだと思っている。ショウヘイが私たちに証明しようとしていることをさせようではないか。彼にはそれが出来ると私たちはずっと思っている」。マドン監督は強い口調で二刀流復活への決意を示した。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY