一体、何キロ出ている? 盗塁刺された走者も笑うしかない「正真正銘のミサイル」

カブスのウィルソン・コントレラス【写真:Getty Images】
カブスのウィルソン・コントレラス【写真:Getty Images】

“ドヤ顔”が決まるほど見事なコントレラスの強肩

 ソフトバンク甲斐拓也捕手の「甲斐キャノン」に勝るとも劣らない“バズーカ”に、刺された走者も思わず苦笑いだ。カブスのウィルソン・コントレラス捕手が17日(日本時間18日)のパドレスとのオープン戦で、持ち前の強肩を発動させ盗塁を阻止した。一体何キロ出ているのかと思ってしまうほどの“弾道”に、ファンは目を奪われた。

 4回2死一塁の場面で、打席にパドレスの8番・エイブラムスを迎え、カウント1-1からの3球目だった。一塁走者のプロファーがスタートを切ると、ボールをキャッチしたコントレラスは素早く右手に持ち替え二塁を目がけてバズーカ送球。遊撃手バエスが構えるミットに一直線に収まり、ヘッドスライディングで二塁ベースに到達寸前だったプロファーを仕留めると、コントレラスは「どうだ!」と言わんばかりのドヤ顔を見せた。

 この場面をMLB公式インスタグラムが動画で公開すると、ファンも続々と反応。「正真正銘のミサイル」「最後の彼の表情が笑」「信じられない送球」「狙撃された!!!」「送球はこの上なく最高」と惚れ惚れするような送球に目を奪われた。“座ったまま送球”などの離れ業を得意とするコントレラスは、今季も走者にとって天敵となり続けるだろう。

【動画】「正真正銘のミサイル」と評されるコントレラスの鬼肩

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY