鷹の育成左腕・大関、好投も支配下は? 工藤監督「人数は決まっているので…」

2番手で登板したソフトバンク・大関友久【写真:福谷佑介】
2番手で登板したソフトバンク・大関友久【写真:福谷佑介】

19日の広島戦で1イニングを無失点に封じた大関友久

■ソフトバンク 2-1 広島(オープン戦・19日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの育成選手・大関友久投手が19日、本拠地PayPayドームで行われた広島とのオープン戦で2番手として登板し、1イニングを完璧に封じた。打者3人に対して2つの三振を奪い、最速は148キロをマークした。

 開幕投手に決まっている先発の石川が4回で降板し、5回のマウンドに上がった大関。先頭のメヒアを空振り三振に仕留めると、続く會澤は三ゴロに。最後は投手の大瀬良をこの日最速タイとなる148キロの真っ直ぐで空振り三振に仕留め、1イニングを無安打無失点に抑えた。

 3日の中日戦、10日の巨人戦とオープン戦2試合続けて無失点と好投していた大関だが、12日のヤクルト戦では1回1/3を投げて4安打3失点。6回途中からマウンドに上がると、ヤクルト打線につかまっていた。この日はリベンジに成功し、工藤監督も「良かったと思いますよ。この間のような感じではなかったので、そこは良かったかなと思う」と一定の評価を与えた。

 注目は大関の支配下登録、そして開幕1軍があるのかどうか、というところ。オープン戦は残り2試合で指揮官は「投げる機会がどこまであるか。まだ試さないといけない投手もいる」と試合後に語っている。残る2試合で登板機会が与えられる可能性は低いようで「最終的にどう評価するかは話し合いをして決めます」という。

リリーフに充てられる開幕1軍、約9人の枠に入れるか…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY