OP戦首位を走るソフトバンク 4連勝中の工藤監督が抱えている「懸念」とは?

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

「グラシアルに関しては守備というところを踏まないといけない」

■ソフトバンク 2-1 広島(オープン戦・19日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで広島とオープン戦を戦い、2-1で勝利した。1点ビハインドの7回に川島、松田の適時打で逆転に成功。投手陣は最少失点に押さえ込み、これでオープン戦4連勝となった。

 この日は調整が遅れていたジュリスベル・グラシアル内野手が「4番・DH」でオープン戦初出場。開幕まで残り3試合の段階でようやく実戦に復帰した。2打数0安打と快音こそ響かなかったものの、調整の段階を一段階上げた。

 また、柳田悠岐外野手が4回の第2打席で二塁への内野安打を放ち、実戦復帰後の初安打。グラシアルに代わり途中出場となったアルフレド・デスパイネ外野手は最初の打席で右翼の頭上を破る二塁打を放ち、こちらもオープン戦初安打。さらに続く打席でも全力疾走で三塁内野安打を稼ぎ、この日2安打だった。

 グラシアルが実戦復帰を果たし、柳田、デスパイネには安打が飛び出した。あくまでオープン戦の調整段階で、工藤監督も「オープン戦の成績うんぬんではなく、開幕してその中で集中力増した中でどうなるかだと思う。グラシアルに関しては守備というところを踏まないといけないのはありますけど、打つ打たないにかかわらず、彼らには中心を打ってもらう」と語り、その3人の中軸は揺らぐことはない。

 ただ、その中で指揮官は1つの「懸念」も口にした。それが、グラシアルが守備に就けるかどうか。この日はDHでの出場で、広島とのオープン戦2試合で守備に就けるかはまだ未定。実戦不足となれば、23日からのウエスタン・リーグのオリックス戦での出場もプランにはあるが、どうなるか。

 指揮官は試合前にも「守れなければどうしてもDHというところになって、二者択一になる」と語っている。グラシアルが守備に就けなければ、助っ人2人のどちらかは控えに回ることになる。残り2試合となったオープン戦。どこまでグラシアルの状態が上がってくるか。その点がソフトバンク首脳陣の気になるポイントとなっている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY