野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

小学生時代の恩師が見た田中将大VS坂本勇人 初回の対決は「力んで制球が散らばった」

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は20日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)に先発し、7回3安打4奪三振2四球1失点の好投。開幕2戦目の27日・日本ハム戦(楽天生命パーク)で予定されている復帰後初の公式戦先発へ向け、順調な仕上がりをうかがわせた。幼なじみの巨人・坂本勇人内野手とは2打席対戦し、四球と中飛だった。

巨人・坂本勇人(左)と楽天・田中将大【写真:福谷佑介、荒川祐史】
巨人・坂本勇人(左)と楽天・田中将大【写真:福谷佑介、荒川祐史】

捕手・太田は「中島さんを三振に取った球は凄かった」と感嘆

■楽天 6-3 巨人(オープン戦・20日・東京ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は20日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)に先発し、7回3安打4奪三振2四球1失点の好投。開幕2戦目の27日・日本ハム戦(楽天生命パーク)で予定されている復帰後初の公式戦先発へ向け、順調な仕上がりをうかがわせた。幼なじみの巨人・坂本勇人内野手とは2打席対戦し、四球と中飛だった。【宮脇広久】

 田中将はこれで練習試合を含め5試合に実戦登板。石井一久監督は「各登板ごとに課題を1つずつ塗りつぶしてきた」と評する。当初はメジャーに比べて柔らかい日本のマウンドに対し戸惑いも見せたが、徐々に順応した。前回登板の14日・DeNA戦(静岡)では「打たせて取ることをテーマにして」(小山投手コーチ)臨み、その通りに5回4安打3奪三振無四球無失点に抑えた。

 開幕前最後の実戦登板となったこの日の課題の1つは、マー君の代名詞でもある「ギアチェンジ」だったようだ。石井監督は「行くところは行く、抜くところは抜く、という力の入れ方が試合の中でうまく使えていた」とうなずいた。

 どんなに凄い投手でも、全球全力投球で完投することはできない。相手打者の力量、狙い球、精神状態に応じ、7~8割の球を交えてアウトを重ねていく。勝敗を左右する場面で強打者を迎えた時には、一気にギアを上げ、それまで見せていなかったような剛球で圧倒――。田中将の投球スタイルはそんなイメージが強い。

 石井監督によると、マー君のギアチェンジは「スライダーにしても100%切っていくものと、そこそこストライク近辺に投げておけばいいというような90%くらいのものがある。打者がそこまで打ち気でない時や、打たせて取る所と空振りを取る所で投げ分けていた」と言うほど細かく精密である。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」