初代主将が語る阪神Womenの実情 プロと変わらぬ練習環境「申し分ない」

ロングティーを行う選手たち【写真提供:阪神タイガース】
ロングティーを行う選手たち【写真提供:阪神タイガース】

現状は平日は週に3回、午前と夜の2班に分かれて2時間練習

 阪神が立ち上げた女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガースWomen」の三浦伊織主将が、Full-Countのインタビューに応じた。女子プロ野球リーグで前人未到の通算500安打を達成したレジェンドが、女子野球普及に懸ける思いを語った。全3回の最終回は目指すチーム像について。

 平均年齢23.8歳と若いチームの主将を快く引き受けた三浦。全体練習初日のランニングメニューではトップでゴールして、野原祐也監督を「さすが」とうならせた。「背中で見せていくスタイルでずっとやってきましたから。毎日、筋肉痛ですよ。みんなで追い込むメニューは久しぶりなので」と語る表情は心底楽しそうだ。

 現在の練習場所はファーム本拠地の鳴尾浜球場と甲子園の室内練習場。平日は週3回、午前と夜の2班に分かれて2時間の練習を行い、週末の1日を全体練習に充てている。「入る前はクラブチームなのであまり練習できないかなと思っていましたが、申し分ないです」とプロ時代と遜色ない練習環境に感謝する。

 個人成績によって年俸が変わるプロからアマチュアにフィールドを移し、三浦の意識も変化した。「これからは、自分の経験を下の子に伝くようにやっていけたらと思っています。個人タイトルなんてないですから、チームが勝つためにはどうしたらいいのかを考えてやってきたいです」と語る。

 NPB球団初の女子クラブチームとして昨春に誕生した西武ライオンズ・レディースは、全日本女子公式クラブ選手権大会で初出場初優勝した。阪神タイガースWomenにも1年目から快進撃の期待がかかるが、三浦が描く理想のチーム像とはどのようなものだろうか――。

日本代表での経験「士気を高めていくことの大切さを当時の監督から教わりました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY