「力感と飛距離があってない…」 ヤクルト村上、圧巻の1試合2発にファン衝撃

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

第1打席でバックスクリーンへ3号3ラン、第4打席では右翼ポール際へ4号ソロ

■西武 8-6 ヤクルト(オープン戦・21日・メットライフ)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が21日、西武とのオープン戦最終戦(メットライフドーム)を1試合2発で締めくくった。第1打席で3号3ラン、第4打席では4号ソロを放つなど5打数3安打4打点の大活躍。ファンも「セ・リーグ最強バッター」「完成しとる」と大絶賛だった。

 村上は初回1死一、二塁で迎えた第1打席で平井のスライダーを完璧に捉えバックスクリーンに飛び込む3号3ランを放つと、7回2死走者なしで迎えた第4打席で田村から弾丸ライナーで右翼ポール際に4号ソロを放った。

 オープン戦最終戦で2本の豪快なアーチを描いた若き大砲。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも村上が第1打席で放った3ランを動画で公開。これにはファンも「セ・リーグ最強バッター」「確信歩きカッコいい」「完成しとる」「力感と飛距離があってない…」と多くのコメントが寄せられていた。

【動画】手応え十分の確信歩き ヤクルト村上、圧巻の3号3ラン

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY