大谷翔平、リアル二刀流で4回5K1失点&5度目マルチ「1番の仕事が出来た」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

「1番・投手」で4回5奪三振2安打1失点、2試合ぶりマルチで打率.636

■パドレス – エンゼルス(オープン戦・日本時間22日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場した。初回の第1打席で中前打を放ち、9試合連続安打をマーク。5回の第3打席で左中間フェンス直撃打を放ち、2試合ぶりマルチ安打を記録した。投球では4回5奪三振2四球、2安打1失点で降板。米メディアによると、直球は101マイル(約162.5キロ)を計時した。

「1番・投手」での先発出場は日本時代の2016年7月3日のソフトバンク戦以来1722日ぶり。まずはバットで結果を出した。初回先頭、2018年サイ・ヤング賞左腕スネルの高め直球を中前へ打ち返した。打者でのスタメン出場は4日ぶり。オープン戦は全9試合で安打を記録した。3回1死ではフルカウントから四球で出塁。得点にはつながらなかった。

 5回1死では2番手右腕メランコンから左中間フェンス直撃する一打を放った。二塁を狙ったものの、勢いのあるスライディングでベースから離れてしまった。タッチアウトとなったが、2試合ぶり5度目のマルチ安打。オープン戦は打率.636、OPS1.836に上げた。

 投球でも魅了した。初回先頭・オグラッディに右翼線三塁打を許したが、注目のタティスJr.はフルカウントから空振り三振。続くクロネンワースの遊ゴロの間に先取点を許したものの、2死からプロファーを中飛に打ち取った。2回は先頭・マイヤーズをスライダーで空振り三振。金河成を右飛、カラティーニをニゴロと3人で打ち取った。

 3回は先頭・マテオの四球、オグラッディの右前打などで1死一、二塁のピンチを招いた。ここでエンジン全開。タティスJr.への3球目ファウルで101マイル(約162.5キロ)をマークし、遊飛に打ち取った。続くクロネンワースの四球で満塁としたが、プロファーを見逃し三振に仕留めた。4回は先頭・マイヤーズを遊ゴロ、金河成を左飛、カラティーニを見逃し三振に抑えた。4回2安打1失点、2四球5奪三振。オープン戦の防御率7.88となった。

 大谷は「1番打者で出ることがなかった。1番の仕事は出来たかなと思います。自分自身で打って点を取るなら、それだけで楽になる。取ってもらった点は大事にするが、よりアグレッシブにマウンドで攻められると思います。(二刀流で)2、3年間活躍できなかったのは不甲斐ないなと思う。頑張りたいなと思います」と振り返った。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY