大谷翔平、リアル二刀流で164キロ&5度目マルチ 指揮官絶賛「完璧なゲーム」

「1番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
「1番・投手」で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は4回5奪三振2安打1失点、バットでは2打数2安打で打率.636

■パドレス 4-1 エンゼルス(オープン戦・日本時間22日・ピオリア)

 エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、アリゾナ州ピオリアで行われたパドレスとのオープン戦で「1番・投手」で先発出場した。初回の第1打席で中前打を放ち、9試合連続安打をマーク。5回の第3打席で左中間フェンス直撃打を放ち、2試合ぶりマルチ安打を記録した。投げては4回5奪三振2四球、2安打1失点と好投。球団は3回のタティスJr.への3球目で渡米後最速101.9マイル(約164.0キロ)を記録したと発表した。

「1番・投手」での先発出場は日本時代の2016年7月3日のソフトバンク戦以来1722日ぶり。まず打撃では初回先頭で左腕スネルから中前打を放ち、5回1死では左中間フェンスに直撃する一打を放った。2試合ぶり5度目のマルチ安打。2打数2安打1四球でオープン戦は打率.636、OPS1.836に上げた。

 投げても圧巻の投球を見せた。初回1死三塁から遊ゴロの間に先取点を献上したものの、3回1死一、二塁のタティスJr.の3球目ファウルでは101マイル(約162.5キロ)を計測。このピンチを切り抜け、4回2四球5奪三振、2安打1失点。オープン戦の防御率7.88となった。

 試合後、マドン監督は賛辞の言葉を惜しまなかった。「本当に傑出していた。彼は完璧なゲームをしていた。打席でもマウンドでも非常に良かった。彼は非常に優れていた。球速も良かったし、制球も良かった。他の球種も良かった。カーブ、スライダー、スプリット、今日は全てが機能していた。あらゆる面で非常に非常に良い1日だった」と満足げに振り返った。渡米後最速を記録した3回の投球については、「間違いなくギアを上げた。相手チームが脅かしてきたら、全ての球が別のレベルになった。ホットになった時、彼は確実に別のギアを持っていた。今日見たもの全てが非常に良くて、速球の制球もその1つだ」と絶賛した。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY