シーズンでの覚醒に期待大!? OP戦で存在感際立った新星候補たち

オリックス・宮城大弥、ヤクルト・奥川恭伸、ロッテ・山口航輝、楽天・小郷裕哉(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】
オリックス・宮城大弥、ヤクルト・奥川恭伸、ロッテ・山口航輝、楽天・小郷裕哉(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】

佐野皓や宮城、富山ら楽しみな若手が台頭しているオリックス

 プロ野球の2021年シーズン開幕まであとわずか。約3週間にわたって行われていたオープン戦も3月21日をもって終了し、選手たちは3月26日の開幕戦に向けて最後の調整期間に入る。

 各選手がシーズンに向けて調子を整えていく機会であるオープン戦だが、1軍入りやレギュラー奪取を狙う選手にとっては重要なアピールの場でもある。今年のオープン戦でも飛躍が期待される若手で存在感を際立たせた選手がいた。

 そこでオープン戦で好成績を残した若手に注目。ルーキーを除く若き才能たちをピックアップしてみよう。

・野手
辰己涼介(楽天)
小郷裕哉(楽天)
佐野皓大(オリックス)
若林晃弘(巨人)
山口航輝(ロッテ)
野村佑希(日本ハム)
濱田太貴(ヤクルト)

 3年目を迎える楽天の辰己は12球団で2位のオープン戦打率.385をマーク。最後の最後に規定打席に乗せた先輩の島内に抜かれたものの、それまでは打率1位の座を走っていた。1軍での実績もある外野手だが、今季は更なる活躍が期待できるか。辰己と同期入団の小郷もオープン戦打率.293と上場の成績を残した。

 オリックスでは24歳の佐野皓が打率.300、2本塁打7打点と結果を残した。終盤は1番での起用が続き、リードオフマンとしての起用が見込まれる。オリックスでは他にも中川圭太が打席数こそ多くないものの、打率.360を残し、頓宮が3本塁打とパンチ力を発揮した。

巨人の若林は田中将大から一発を放ち、打率.371と高打率も残す

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY