大谷翔平は3打数1安打、第2打席で中前打&二盗 OP戦10試合連続安打に

レンジャーズ戦で中前打を放ち10試合連続安打に伸ばしたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦で中前打を放ち10試合連続安打に伸ばしたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

4回1死二塁で中前打、その直後に二盗を決めた

■レンジャーズ – エンゼルス(オープン戦・日本時間24日・サプライズ)

 エンゼルス大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、レンジャーズとのオープン戦に「1番・DH」で先発出場。第2打席で中前打を放ち、3打数1安打だった。これでオープン戦10試合連続安打となった。オープン戦の打率は25打数15安打の.600となった。

 大谷は1回の第1打席でレンジャーズの先発右腕ジョーダン・ライルズの前に空振り三振に倒れた。しかし、3回1死二塁で迎えた第2打席は初球の変化球をとらえ、遊撃手の右を抜ける中前打。2死一、三塁となったところで果敢に二盗を決めた。オープン戦での盗塁は2個目となる。

 5回2死で迎えた第3打席は左腕コルビー・アラードに対して左飛。打球はいい角度で上がったがフェンス手前で左翼手のグラブに収まった。

 21日(同22日)のパドレス戦ではメジャーで初の“リアル二刀流”となる「1番・投手」で出場し、打っては2打数2安打、投げては4回2安打5奪三振1失点。メジャー自己最速の101.9マイル(約164キロ)をマークして度肝を抜いた。それから中1日。この日はバットと足で存在感を示した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY