野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

則本昂大が復活しなければ「楽天は2位」 GG賞7度の名手が挙げるセパのキーマン

26日に開幕するプロ野球のペナントレース。主力選手をはじめ、ルーキーやブレーク候補の若手らがどんな活躍を見せてくれるのか期待は膨らむ。そんな中、現役時代にヤクルト、楽天で名外野手として鳴らし、ゴールデングラブ賞7度を誇った飯田哲也氏は、復活を期す2人を“注目選手”としてピックアップした。

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

田中将大の復帰は則本昂大にも好影響「のびのびやれる気がする」

 26日に開幕するプロ野球のペナントレース。主力選手をはじめ、ルーキーやブレーク候補の若手らがどんな活躍を見せてくれるのか期待は膨らむ。そんな中、現役時代にヤクルト、楽天で名外野手として鳴らし、ゴールデングラブ賞7度を誇った飯田哲也氏は、復活を期す2人を“注目選手”としてピックアップした。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1人目は、ルーキーイヤーから6年連続2桁勝利を挙げながら、最近2年はいずれも5勝止まりの楽天・則本昂大投手。楽天は今季、日米通算177勝の田中将大が8年ぶりに復帰し、涌井秀章、岸孝之、そして則本昂とともに強力な先発4本柱を形成する。4人の通算勝利数は538に及び、下馬評が高い。飯田氏は「楽天が優勝するには、4人合計で最低50勝は必要。則本昂も10勝は最低ライン」と指摘。「極端な話ですが、私は則本が復活すれば優勝、しなければ2位、というくらいに見ている」と語る。

 2013年に新人で15勝(8勝)を挙げ、球団創設初優勝の原動力のひとりに。田中将がヤンキースに移籍した後もチームの屋台骨を支え続けた。2019年から7年契約を結んだが、同年は3月に右肘のクリーニング手術を受けた影響もあって5勝5敗。昨季もコロナ禍で調整に悩み、5勝7敗に終わった。

「ここ2年は右肘の故障の影響が大きかったと思うが、ポテンシャルは凄い。田中将に注目が集まる今年は、エースの重圧から解放され、のびのびやれる気がする」と飯田氏。キャンプからオープン戦にかけて順調に仕上げており、3年ぶりの2桁勝利はもちろん、キャリアハイに近い活躍が期待される。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」