野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「楽天が独走する可能性」「オリに上がり目」 名手・飯田哲也氏がパ順位予想

26日にプロ野球のペナントレースが開幕する。田中将大投手が復帰して話題を集める楽天や、4年連続日本一と無敵を誇るソフトバンクなどが覇権を争うパ・リーグ。現役時代にヤクルト、楽天で外野手として活躍し、ゴールデングラブ賞7度の名手として鳴らした野球評論家・飯田哲也氏が順位を予想した。

ソフトバンク・周東佑京、楽天・田中将大、オリックスのアダム・ジョーンズ(左から)【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンク・周東佑京、楽天・田中将大、オリックスのアダム・ジョーンズ(左から)【写真:藤浦一都、荒川祐史】

千賀、東浜出遅れも「月日の経過とともに戦力が整う」ソフトバンク

 26日にプロ野球のペナントレースが開幕する。田中将大投手が復帰して話題を集める楽天や、4年連続日本一と無敵を誇るソフトバンクなどが覇権を争うパ・リーグ。現役時代にヤクルト、楽天で外野手として活躍し、ゴールデングラブ賞7度の名手として鳴らした野球評論家・飯田哲也氏が順位を予想した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 楽天
2位 ソフトバンク
3位 ロッテ
4位 オリックス
5位 西武
6位 日本ハム

 楽天は先発ローテに顔を並べる田中将、涌井秀章、岸孝之、則本昂大の“通算538勝カルテット”をはじめ、投手陣が充実。飯田氏は「4本柱がしっかりしているので、大型連敗は考えにくい」と評する。さらに「野手も辰己(涼介)、小郷(裕哉)ら若手の成長で層が厚くなった」と評価する。

 新外国人のブランドン・ディクソン、ルスネイ・カスティーヨはコロナ禍で当面不在だが、飯田氏がオープン戦期間中にヤクルト時代の同僚である石井一久監督にインタビューした際、指揮官は「外国人を使わなくてもいい状態」と自信をうかがわせていたという。その言葉も踏まえ「オープン戦ではいろいろな打順を試していたので、どんなオーダーを組み、どんな野球をやるのか開幕してみないと読めない。そこが楽しみでもある」と目を細める。

 飯田氏が2019年まで5年間コーチを務めたソフトバンクも、楽天と甲乙つけがたい。昨年10月に13試合連続盗塁の日本記録を樹立し、シーズンを通しての活躍が期待される周東佑京の不振(オープン戦打率.133)が心配だと言うが、「開幕戦でヒットが出れば、ガラリと調子が変わるケースがあるし、いざとなれば牧原(大成)、明石(健志)ら取って代われる選手も控えている」とも。

 投手陣を見ると、先発の千賀滉大、東浜巨が出遅れ。開幕ローテ入りを逃しただけに「楽天がスタートダッシュに成功すれば、独走する可能性がある。ただし、もたつくようであれば、月日の経過とともに戦力が整っていくソフトバンクが有利になる」と展開を読む。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」