大谷翔平、松井秀喜に並ぶOP戦日本人最多5号 指揮官も驚愕「昨年とは別人だ」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

マドン監督「打順を動かして対戦相手が勝負するようにしないと」

■ロッキーズ 6-5 エンゼルス(オープン戦・日本時間26日・スコッツデール)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、アリゾナ州スコッツデールで行われたロッキーズとのオープン戦で「2番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で先制5号ソロを放った。3打数1安打1打点で打率.571、OPS1.701となった。チームは5-6で逆転負けした。

 4試合ぶりの一発は初回1死だ。196センチ左腕ゴンバーの初球90.9マイル(約146.3キロ)を捉えた。左翼芝生席へ飛び込む5号ソロ。打球速度96マイル(約154.5キロ)、飛距離363フィート(約110.6メートル)。打球角度42度の“ムーンショット”だった。マドン監督は「彼の現在の打席でのアプローチは軌道に乗っている。今ほど良い状態でない時間も今後でてくるが、現在の活躍が彼の能力。昨年とは別人だ」と好調な打撃を絶賛した。

 ここまでオープン戦は1~3番で起用されている。レギュラーシーズンでも上位打線で起用するかとの問いかけに、指揮官は「それを考えている。調子が良さそうだ。彼の打順を動かして、対戦相手が勝負するようにしないといけない」と嬉しい悲鳴をあげた。

 対左投手からは今季初アーチ。2005年に5本塁打を放った松井秀喜(ヤンキース)に並ぶオープン戦の日本人最多本塁打となった。3回先頭は三ゴロ、5回1死は大きな左飛に倒れたものの、打者出場のオープン戦では全11試合で安打をマーク。主力選手は26日(同27日)に本拠地アナハイムに戻る予定で、大谷もこの日がアリゾナでのオープン戦最終戦だった。打率.571、5本塁打、8打点、2盗塁。バットで順調すぎる結果を残している。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY