人的補償でDeNA移籍の田中俊太、古巣巨人との開幕戦で6打点大暴れ 9回には同点打

9回に同点の2点適時打を放ったDeNA・田中俊太【写真:荒川祐史】
9回に同点の2点適時打を放ったDeNA・田中俊太【写真:荒川祐史】

2回の犠牲フライからはじまり4打数3安打、試合敗れるも獅子奮迅の活躍

■巨人 8-7 DeNA(26日・東京ドーム)

 DeNAの田中俊太内野手が26日、巨人とのシーズン開幕戦(東京ドーム)で、6打点の大暴れを見せた。昨オフ、FAで巨人入りした梶谷隆幸外野手の人的補償でDeNA入り。昨季まで本拠地だった舞台で、古巣相手に痛烈な恩返しを披露した。

「7番・二塁」でスタメン出場した田中俊は、2回無死満塁から犠牲フライを放つと、3回2死一、三塁では一時同点となるタイムリー。さらに7回2死満塁の場面では右前への適時打を放ち、2点を追う土壇場の9回2死二、三塁では左前への2点タイムリーを放って追いついた。試合は9回裏に亀井のサヨナラ弾で敗れたが、4打数3安打6打点と獅子奮迅の活躍だった。

【動画】1点差に詰め寄る2点タイムリー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY