巨人打線が初回から猛攻、4番岡本は体勢崩しながら驚異のフェンス直二塁打

左中間フェンス直撃の適時二塁打を放った巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】
左中間フェンス直撃の適時二塁打を放った巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】

今季初打席で初安打、巧さと強さが備わった4番の打撃披露

■巨人 – DeNA(26日・東京ドーム)

 巨人・岡本和真内野手がチーム初打点となる左中間フェンス直撃の適時二塁打を放った。初回、敵失で1点を先制し、なお無死一、二塁。DeNA先発の浜口の外角低めの難しい球を体勢を崩しながら、とらえた。なんとパワーでフェンスまでボールは到達。今季初打席で初安打で、巧さと強さが備わった打撃を披露した。

 点差を開く一打に二塁ベース上では珍しく力強くガッツポーズを披露した。巨人は初回、3四球と3安打で6者連続出塁をする攻撃で3点を先取。開幕戦勝利を目指すエース菅野を序盤から援護した。

【動画】あと数十センチで本塁打? 岡本のフェンス直撃二塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY