「完璧でシーズンを迎えるのも気持ち悪い」ダルビッシュが見出す“ケガの功名”

パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

古巣レンジャーズ相手に3回3安打4失点4奪三振

■パドレス 11-10 レンジャーズ(オープン戦・日本時間26日・ピオリア)

 パドレスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)のオープン戦で、古巣のレンジャーズを相手に3回3安打4失点4奪三振。2回からフォームのバランスが取れず「カッターとスライダー以外、投げられる状態じゃなかった」と苦しんだ。もっとも、踏み込む左足の着地点が深く掘れ、穴状になっていたことも一因となった。試合前にはティングラー監督が開幕投手としてダルビッシュを指名したことを発表。「まさかこの歳で任せてもらえるとは思わなかった」と、34歳の右腕は4月1日(同2日)のダイヤモンドバックス戦登板に意欲を見せる。

 7球種を操るなど、ここまで多彩な変化球を駆使し、オープン戦2登板で1安打無失点7奪三振。好調を維持し、オープン戦最後の登板をいい形で締めくくりたいところだったが、4四球と7盗塁を許すなど荒れた投球となってしまった。初回は走者を三塁に置くピンチを切り抜け無失点。しかし、2回から降板する3回まで、バランスを欠いたフォームを修正できず、76球を費やして予定の5回に届かなかった。

「カッターとスライダー以外、投げられる状態じゃなかったので、かなり苦しかった。(許した7盗塁は)本気の牽制をしてなかった。今日はそれどころじゃなかったので。自分のメカニックをなんとかすることに集中していた」

 昨季8勝を挙げ、日本投手初の最多賞を獲得。「四球を出すか出さないかは自分次第」とまで言い切ったダルビッシュが、ここまで制球を乱したのは、足元にも原因があった。相手左腕ベンジャミンの踏み込む足の着地点に大きな穴ができ、ダルビッシュの踏み込む左の踵あたりと重なった。「それでバランスが崩れてしまったというのはあります」とフォームは狂った。

 防御率は.0.00から4.50へ、被打率は.063から.148へと悪化したが、この日の登板を開幕戦への好材料と捉えた。

「あまり完璧でシーズンを迎えるのも気持ち悪いと選手は思うもの。そういう意味では悪いものを全部出し切って良かったと思います。ちゃんと疲れを抜いて、今日の登板はもう忘れてしっかり調整したいと思います」

周囲の期待に本音「自分はそういうのを考えるとだめなので」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY