巨人・亀井が史上初の開幕戦代打サヨナラ弾 「めっちゃうれしいです、ハハハ」

サヨナラホームランを放ち、ナインから祝福される巨人・亀井善行(右)【写真:荒川祐史】
サヨナラホームランを放ち、ナインから祝福される巨人・亀井善行(右)【写真:荒川祐史】

同点の9回、代打で登場、三嶋のスライダーをとらえる

■巨人 8-7 DeNA(26日・東京ドーム)

 巨人は26日、DeNAとの開幕戦をサヨナラ勝利で飾った。7-7の9回、亀井善行外野手が代打で登場。守護神・三嶋のスライダーを振り抜くと、手応え十分。右翼席へ飛び込む、劇的弾となった。開幕戦での代打サヨナラ弾はプロ野球史上初の快挙となった。

 お立ち台に上がった亀井は興奮冷めやらない様子だった。「めっちゃうれしいです、ハハハ」と白い歯を見せた。プロ17年目のベテランは「とりあえず始まったばかりですけど、今年一番の当たりでした」と茶目っ気たっぷりに振り返った。

 今季は延長戦を行わないルール。9回に2点差を追いつかれる展開だったが、熟練の技で放った一撃が熱戦にピリオドを打った。「本当にお客さんに感謝してます。本当にありがとうございます。みんなで勝ち取った1勝です」。3年連続リーグ優勝へ向け、好スタートを切った。

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY